フェイスブックが社名を「メタ」に変更!その理由であるメタバースとは一体なんなのか?

29

先日、フェイスブックが社名を変更し、「メタ」になるとの発表がありましたね。
なぜ社名を変更するのかと言うと、今後、社運をかけてメタバースに取り組んでいく、という意思表明のようです。

では、「メタバース」って一体なんなの?
って話ですが、これは単純に言うと「インターネット上の仮想空間のこと」です。
一般的にはアバターと呼ばれる自分の代わりになるキャラクターを操作して、仮想空間で他のユーザーと交流するようなサービスを指します。

数年前にOculusというVRの会社を、フェイスブックは買収しており、その時から本気でメタバースに乗り出す気だったのでしょう。

でもぶっちゃけ「そんなサービス今までいくらでもあったよね?」とも思いますが、きっとフェイスブックが目指すメタバースは「従来のメタバース」とは違う、「未来のメタバース」なのだと思います。
でもその「未来のメタバース」の全貌は、残念ながらまったく見えてきません。
アップルの個人情報ポリシーの変更で、業績の成長に陰りが見えていることや、青少年へ与えるSNSの悪影響を調査結果を握り潰していたことが内部告発されたりと、フェイスブックをとりまく環境が悪化していることから、それをかわすための社名変更ではないことを祈りたいですね。

フェイスブック、いや「メタ」が描く今後の世界を早く教えてほしいものです。